息子がはしかにかかった時のこと

子供が生後6カ月で麻疹に罹りました

 

ちょうど母乳からの免疫が落ちるのが6カ月と聞いていたのですが
まさか麻疹になるなんて!!

 

気がついたのは母乳を上げても不機嫌になったことからです。
ず〜と不機嫌で泣いているんでちょっと心配になりました。

 

こっちも泣きたくなるよ〜と思いながら熱を測ると39度!!!

 

ビックリして病院へ連れて行くと「麻疹」と言われたんです。

 

育児書を読みながら介護をしました。

 

お医者様いわく「赤ちゃんは高熱でも元気だから大丈夫だよ」と言ってくれて安堵感が湧きました。

 

目も充血してたのですがこれも麻疹特有の症状とのことでした。

 

待合室の隔離室で同じくらいの赤ちゃんを抱っこしたママさんがいて少しお話をまし。

 

初めての育児、そして初めての発熱でテンパってる話をして共感しました。

 

私は当時は子供がいる友達って居なかったのでそのママさんと共感しあえて嬉しかった思い出があります.。

 

何だか一人じゃないんだと思えて心強かったです。

 

お互い頑張りましょうと言ってお別れてして家路に急ぎました。

 

 

薬を飲ませるとたくさん眠りました。 静かで楽でした^^;

 

夫が帰宅し、麻疹に罹ったと説明しましたが、
「子供だから罹るさ。俺は幼稚園の頃、近所でおたふくや水疱瘡が居たら母親に『移って来なさい!』って言われてそこの家に遊びに行かされたぞ」
聞いてると腹が立つのでスルー。

 

初めての高熱でオロオロしてる私の気持ちを考えないのかこの男、と思いつつ
この日から「この人の事は当てにしない」と堅く誓いました笑。

 

そう思うと今って時代が変わりましたよね。

 

「イクメン」と呼ばれる旦那さん沢山いるし、
職場も育児に関して寛大な社風に変わりつつあり子育てしやすい時代になったと実感してます

 

話しが反れましたが、数日たつと全身に発疹が出て育児書通りでした。

 

回復期には発疹も綺麗に消えて安心しました。

 

すっごく沢山の発疹で心配になりました^^;
でも息子が、小さくて柔らかい手が私の人差し指を握ってくるんです。
私の顔を見てニコ〜と笑いました。

 

「健康って何よりも幸せな事なんだな」
元気になった我子を見て心からそう思いました。

 

子供を治してくれたお医者様、待合室でお話ししたママさんへ
心から感謝した出来事でした。